2009年11月27日

男にも語りたい時がある

SA3A0608001001.jpg


なんとまあ!

ウザイとお思いでしょう。
男じゃなくて『おやじ』でしょとお思いでしょう。

でもね、おやじだって、
おやじだってだってだって!
平日から語りたいんです!!


遅くに家に帰る。
妻が起きているとする。
妻と言う生物はどのような場合に於いても聴き手を発見したならば
『聞いてよ聞いて!』
的に一方的に話し始める。
これは既に布団に入って眠りかけていたとしてもかわらない。
そしてひとしきり喋り終わると満足し
『あぁ眠い』
と言って素早くストンと寝てしまい
『・・んがが』
となるわけです。
電車の中では眠かったのに聴き手業務に目が覚めちゃったおやじは、一人ポツンと寂しく取り残される事になるわけだ。
ねぇねぇ俺の話しは誰が聞いてくれるんだ?と、犬に語りかけたりするわけさ。

じゃあおやじも話せば良いじゃないか、とまだ乳臭い若人は思うかも知れないが、それは出来ないのだよ。
そんな事をしたならば
『ねぇ聞いてるの?』
もしくは
『あたしが話しているの』
となり、終いには怒られたりするのだ。
逆ギレで翌朝も期限が悪くなっちゃうのだ。


でもね、
別に愚痴っているわけではない。
これは太古から繰り返されてきた事実だ。
理不尽ですらない。
自然の摂理だ。
新橋辺りでは常識だ。

仕方ないんだよ。


だからこの曲げようのない事実を踏まえ世に問いたい。
家に帰ったおやじはどこで語れば良いのか!?


問題の解決は難しい。

対策1:我慢する。
人間が出来ているのなら、それも可能かも知れない。

対策2:亭主関白化する。
今さらむりでしょう^^

対策3:愛人を作る。
先立つものがねぇ。

対策5:紐になる。
このケースは結局聴き手になるんじゃないの?

対策6:ブログを書く。
おやじがブログ?恥ずかしいぃ〜!


と言う事でまぁ聞いておくれよ。
今月私は働き詰めで今のところ休みは1日。久しぶりにハードな時間を過ごしています。
今はひたすらやり遂げる事をモチベーションに日々働いているのだけどさすがに疲れが出たのか、やや風邪気味。今日はまだまだ働く若人を残し家路に着いたのです。
でも家路には着いたけど、家にはまだ着いてません。
in常磐線です。

そんな心情を踏まえ、黄昏た東京スカイツリーを貼り付けてみました。
まっ、軽くお酒を飲んで寝たいと思います。

そう言えば、確か週末はイバモトですよね。
でも申し込みなど全くしていません。


みんな来るのだろうか?

0時になりました。

常磐線は走ります。
posted by とっちゃん at 00:08| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

黄昏てたりします

SA3A0609001001.jpg

人生には色んな日々や時間があるものですが、三連休後半は仕事はトラブル対応。
しかも主たる仕事がピークで土日出ているところにプラスで来ちゃったりしちゃいました。
ドーンと落ちたのは言うまでもないけれど、対応の流れが決まり連絡に区切りが着いたのが21時頃。翌朝早いので帰宅する。
家に着き家族と話して漸く気持ちがリセットされた。私は月曜は休むと約束していたのだ。
翌朝5時に家をでて現地でメンバに合流。
様々なやり取りの後、気が付くと10時過ぎ。待ちが長く入る事になったものの、何もする事が出来ず、開き直っての気分転換に本を読んだ時のパチリです。
気持ち良く晴れてました。
でも気分はやっぱり黄昏ていたので黄昏変換してみました。


言葉というのは怖いし、また素晴らしいですね。人の気持ちを落とすのも言葉なら人の落ちた言葉を上げるのも言葉だね。
今回そもそも忙しい時のトラブルだったからか、いつも以上に言葉が突き刺さりいつも以上に言葉に助けられた気がします。
そう考えるときっと私も突き刺さしていることがあるんだろうなと思ってしまいます。
もうちょっと成長しないといけないね。


今月休んだのは今のところ2日。
このままになっちゃうのか!?
posted by とっちゃん at 08:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

Bajaといえばこのオッサン



も一つ!



もう一丁!!





おお盛り上がり^^

どんなリザルトだったのだろうね。
posted by とっちゃん at 22:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

モトクロスを振り返る(しつこくサスセッティング編)

しつこくふと考えた。
きっと何かに書いてあった事だとは思うが、当たり前田のクラッカーではあるけれど、サスはショックを吸収するだけが仕事じゃない。
トラクションとも密接な関係がある。
ショックとの関係と同〜じくらい『ただならぬ関係』にある。
二股って奴だね。

ショックとの関係は弾けあうような激しい関係だけとトラクションとの関係は、なんというか絡み合い縺れ合い引き摺り合うような、どろどろとした関係の方が望ましい。『あぁこんなにしつこい女だったのか、しまった!』と後悔するくらいが良い様な気がする。


イメージは良いですね?
リアタイヤのトラクションを考えてみよう。
トラクションの良い路面だとタイヤの空転が少なく故に駆動力が車体に大きく反動として作用する。体重+車重の抑えこみ以上にトラクションが良ければサスが沈んだりフロントアップする事になる。
このような場合、入り過ぎるのはちょっと乗りにくい感じがありますよね。入りを遅くするのかプリロードを調整したくなります。
粘りを強くしたければダンパーを閉め、滑り出しを早くしたければプリロードをしめこむ、こんな感じに諸先輩がたから聞いたと思います。
トラクションの悪い路面の場合、例えばカチカチの408の様な場合だ。固い路面に乾いたルーストが乗っているような場合、タイヤは直ぐに空転しトラクションが逃げるのでサスは沈まない。沈まないどころかアクセル開度がトラクションを上回ると今度はサスが伸びてしまう。このような場合、ザグを多めにとりサスを深く入れるようにするのかな?体重+車重を路面への抑えつけとして有効に使えるようにすると考えた方が良いのかな。
自分で書いてて思うけど路面トラクションにはプリロードが大きく関係すると考えます。

でもギャップの多い路面でのトラクションを考えた場合どうなのだろう。
固いセッティングの場合、ギャップに当たるとサスは沈ます、ギャップの谷での路面追従が乏しくなる。ギャップの頭を通過するような場合、谷ではトラクションしない事になる。しかし柔らかいセッティングの場合、頂点でのサスの沈みこみも大きく、更に谷での伸びる量も多くなり、結果トラクションする時間が増える事になる。
このほうが前に進むし真っ直ぐ進む様になる。
柔らかいとサスが縮んで底突きするのではと言う心配があると思うが、問題が起こるのは連続するギャップで縮んだサスが次のギャップに対して充分に伸びる前にまだギャップに当たるケースだ。ある時マージンが小さくなり底突きしぶっ飛んでしまう。このような場合、伸びを開けたりして対処する事になる。
日光の連続ギャップなんかででフィッシュテールになるのは上述の底突きかサスの動きが遅いことからの路面追従の低下からくるものだと最近は考えてます。
またそう先輩からも聞いてます。


話を戻そう。
ここで書きたいのはギャップがあるからと言って締め込む事が正解とは限らないと言う事だ。でも締め込みたいギャップもある。
川西の様にアップダウンがあり、スピードものり、固く尖ったギャップが出来ると衝撃に耐える為かいつも閉める方向になる。
でも合っているのだろうか?ちょっと心配になってしまう。

ウッドチップを撒いたオフビのコース。
柔らかい土とサンドの中間の様な不思議な柔らかさとなる。ギャップありフカフカありのコンディションだ。
最初、前戦の川西のままのセッティングで走行した。ギャップも多いし良いじゃないかと思ったからだ。しかしタイムも伸びないし走りもパッとしなかった。
これが本番二週前だ。
次に来たとき、IA杉山くんがいたのでその走りと挙動を観察した。サスの動きが明らかに違い、マシンは前に進んでいた。
サスが固すぎるんだと気が付いた。兄さんの後ろを走った杉山くんもサスが動いていないと指摘した。
次の走行では早速大きく開放して走行した。全然良いよとの反応。見ているこっちとしても悪くない。
その後、あえて徐々に締め込んで行き駄目を確認。さらに微調整を行った。

オフビにはアップダウンはない。
最近は良くほじくり返すしウッドチップも撒くから柔らかいところも多い。柔らかくしたサスはギャップを追従し、柔らかい土にもしなやかに食い付いた、果たして正解かは不明だがそんな感じだった。


前にも書いたけど、思いきってリセットすると楽しい。ライダーにとっても刺激になるし、その反応を見るこちらも面白いですよ。



さて三連休ですね。
折角の休みだから、折角のモトクロスだから、楽しまないとね!

だけど私は三連仕事です・・・orz
兄さんには二週連続で申し訳ない思いをさせてます。


なかなかしんどいです。
ちなみにこの文は三日目は休めるかなと書き留めていたものです。


三連仕事の人、いるかな?
頑張ろうね!
posted by とっちゃん at 22:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姦しミュージック

女三人よると姦しい。
いや、おやじ三人よっても姦しい^^

まぁそんな事は置いといて何年か前、FMを今よりも良く聞いていたときに気に入っていた曲がありまして、それがYouTubeでそろわないかとずーっと思っていたのですが、不満足ではあるもののそろったので貼り付けてみます。

くれぐれも言っておきますが、FMなのでビジュアルにはそもそもこだわってはおりません。
でも、私はスケベなのでしいて言うなら・・・


安藤裕子 / さみしがり屋の言葉達

http://www.youtube.com/watch?v=FMoBxGBl6d4
(埋め込み禁止みたいなので上をクリックして直接YouTubeで)


高鈴 リトルダンス

http://www.youtube.com/watch?v=ke29V9Doxyc&feature=related
(これも埋め込み禁止みたいなので上をクリックして直接YouTubeで)


bird バード - #01 散歩しよう
これはCDの方が好きだな。




そういえば今日、上野から銀座線に乗り換えると若い子なのになかなか凛として清楚だけど実はのアグレッシブ(なんだそりゃ)に見える女の子がいたのです。
アジアンビューティー系です。
もしかしたらジャパニーズではないかも。
ファッションもとてもよろしく派手でもなくかといって隙があるわけでもない。
私は一駅で降りるのだけど、その子も降りたんですね。
同じ方向だったけど急いでいるらしく女の子が先、私は後。
歩く姿もなかなかカッコよろしい。
でもね、階段に差し掛かるとあれれ?なんかギクシャク。
どうやら高いヒールになれていなかったらしいのです。
それを見たとたんになんだか微笑ましくなってしまいました。
それはもう、既に娘を見る目ですよ。

友達と会うのか、それともデートかな?


年をとったんですかねぇ
posted by とっちゃん at 01:24| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。