2010年02月27日

360円

SA3A0670001.jpg

写真はお茶の水駅。
先週と同じく、本郷で仕事してお茶の水のギター屋さんに寄り道しての帰宅です。

家にはギターが今3本。
でもスタンドは1つ。

ギター2本は寝てるので妻は邪魔で怒ります。
当たり前だのクラッカーだね。

と言う事でスタンド2つ買いました。
1つ360円。2つで720円。

安い。
posted by とっちゃん at 19:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

いじる

今は23:59。
日曜が終わろうとしています。

今日は久しぶりにバイクをいじりました。
09YZ250F、実は手元に来てから一度もグリスの入れ替えをしていません。
バイクは乗らないと痛むもの。その中でもグリスに混ざった泥や水分は厄介者じゃないですか。
一先ず、怪しくなり始めた兆候を感じ始めていたフロント周りやり直しました。

まずはステアリング。
やはり洗車機なんですかね?
ステアリングのベアリングは下は大抵大丈夫で上がダメですよね。
開けてみたらその通りの状況でした。
下は軽く補充して、上は泥とグリスがコラボレートし硬化し始めていたので、きっちりお掃除してグリスを入れ直しました。

次はフロントホイルのベアリング。
これは硬化はしていなかったものの、泥とグリスが夢のコラボレートしていました。こちらもきっちりお掃除してグリスを入れなおし。

この日はフロントの次にリアのリンク周りもグリスの入れなおしをと考えていたのだけど、フロントフォークも外していたので、シールを交換することにしました。
さて、シール交換と言うと年始早々だったかな?コージくんに言われた『全日本サスサービスさんは5分で変えてくれたよ』を思い出し、その方法でやってみました。
私自身もそうですが、このシール交換作業、サービスマニュアルに書いてある通りに行うのが普通です。でもそれじゃあ5分じゃできない。
コージくんに聞いたその方法は目からうろこ&言われてみればそりゃ
そうだ的な方法。
マニュアルではサスの分解洗浄、オイル交換、シール交換等、サス全般メンテを考慮した分解手順として書いてあるんですよね。
でもシールを交換するのなら、そこまでやる必要はないという話です。
前置き長いですね。

手順は以下の通り。
外したサスを下に何か引きつつひっくり返します。
ダストシールを外しサークリップも外します。
インナーチューブ下端にあるボルトを緩めます。
シリンダーから伸びている棒(なんて名前?)からそのボルトを外します。
これでインナーとカートリッジが分離されたので、カポンとインナーを
抜いちゃいます。
そうなんですよ、この方法だとオイルは反対になったアウター側にある
のでオイルは漏れる事無くそのまんまです。
そーなんです。交換したり、どこかに取っておいてまた入れるとかが不要です。
すばらしい!
5分とまでは行かないけど、慣れれば確かに10分くらいでできそうですよね。

さて、そんな感じで小さな感動を覚えたところで日も傾き始めたので、
店じまいを行いました。でも、何となくエンジンかかるのかなぁと心配に
なり、マンションに囲まれるなか、エンジンかけちゃいました。
でもエンジンかかりません。
生ガス入れるイメージで軽くキックしたり、何となく今までの経験で効きそう
な事を色々やるもかかりません。ステップに当たるキックペダルの音がマンション
群にこだまし焦ります。こまったかからんぞ!と悩んでいたのですが、ふと
思い立ってアクセルを強めに何度か開閉し、リークジェットがピュピュッと
頑張ってくれたらもしかしてと思ってキックをしたらかかりました・・
安堵でしたよ。

久しぶりに聞いたエンジン音でした。

改めて思ったのですが、我々や我々以上の年代にとっては『いじる』という
事が、やっぱり楽しいですね。
面倒なんだけどやると楽しい。
もうやだなぁと思うんだけど、終わってみると充実感があったりする。
う〜ん、やっかいな代物ですね^^

メンテすべき対象は実は3台もあったりします。
徐々に片付けなくちゃいけません・・・
posted by とっちゃん at 00:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

D'addario?

SA3A0668001001.jpg
仕事帰り。
オベーションの弦を求めてお茶の水へ。
幾つかの楽器店を巡り、探し求めるも見つからない。ネットで確認してあったadamasと言う弦のパッケージは見当たらない。
時折『無いの?』ときくと、扱っていないとの返答ばかり。
『たいてい扱ってないですよ』とも言われた。残念。

その内のアコースティックの品揃えが一番豊富だったお店で相談してみた。

『フォーク酒場デビューしたくて・・』
『それじゃあまずはマーチンです』
『でも高すぎるよ』
『分割が味方になってくれます』
『・・妻に相談・・・』

と言う相談ではなくて、ならばオベーションにはどんな弦を着けるの?と聞いてみた。
『マーチンですねぇ』
でもオベーションの音って、ボディだけじゃなくって弦自体の音も違う気がする。と知ったかぶる。
『そうですねぇ』
店員が困った風なのでマーチン以外だったら弦って何があるの?と聞いてみる。
『D'addarioです』
ダダリオ?
『D'addarioのブロンズです』
『マーチンらしい音に対して、D'addarioらしいと言ったらブロンズです』
『少しくぐもった音なんです』
ダダリオ?
『弦はマーチンかD'addarioです(キッパリ)』

と言うながれで、マーチンらしいマーチンの弦とD'addarioらしいD'addarioの弦を買いました。

両方で1,080円。

オベーションにはD'addarioの弦を入れてみたいと思います。
posted by とっちゃん at 19:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

インクリメント

SA3A0654001.jpg

家を出て、大久保、恵比寿、本郷と動いて、今は家に向かうべく常磐線です。

今日は44歳になっていきなりの人間ドックでした。
気になる結果は以下の通り。

視力:1.5
体重:2k減
ウエスト:3cm減
超音波:お姉さん
問診:泉ぴんこ

まぁまぁかな。


そう言えばとある朝、テレビでスノーボードクロスをやってましたね。
我々としては大変大変面白く見れちゃう。
でも今一な解説はやや残念。
俺に解説させろ!って言う感想きっと多いのでは?

あるときトップが入れ代わった際のクラッシュで『着地で転倒しちゃいましたからねぇ』と解説してたけど、事はそんなに単純ではなく、ジャンプの飛び出しで寄せられちゃって、そのままだと空中でラインがクロスするからモトクロスだったら飛ぶのを諦めるところなのにブレーキ無いからね。そのまま飛び出して空中接触があったにも関わらず勢いとまらずで、着地点で前走者に近付き過ぎてしまい当たりそうになったボードを引っ込めたものだから、前のめりになって着地での制御不能になったのだよと解説しないといけない!
それとも棒立ちのまま離陸したから制御不能となったのか??
とまあそんな事が言いたいわけです。

でもあれを見ると、やっぱりエンターテイメントを考えるのならモトクロスの周回数は多すぎますよね。
素人は飽きちゃう(私は飽きないけど)。
きっと数周のレースをテンポ良く繰り返した方が、見ている側としては絶対に面白い。
そう、モトクロスを知らない人にもきっと面白い。

さて話しは戻って44歳です。
歳をくったなぁと思う反面、根っこは変わらないんだなぁとしみじみ思います。
外面は成長してるかも知れないけど、ほんと中身は・・・ねぇ。
何を考えているんだか。

今日はお家に帰ってしみじみとお酒でも啜ろうと思います。
posted by とっちゃん at 22:02| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

Ovation

SA3A0659001001.jpg

日曜日、神奈川は秦野からとあるモトクロス一家がやって来ました。
犬まで一緒に^^
そしてOvationを持って。

取手の楽器屋さんで冷やかしで兄さんが弾かせてもらって高くて買えないねぇと話していたのが約一年前。
そんなOvationをもらってしまいました。
(W松さん、家宝にします!)

ネックが細くて握り易いです。

W松家がいたさいには私も兄さんも余り弾きませんでしたが(シャイなので)、その後たっぷり弾きましたよ。
おかげで指が痛いです。
兄さんなどはアンプにつないで歪ませて、更にワウペダルも入れちゃって、Purple Hazeをちゃららら〜と弾いてました。

Ovationくんもさぞたまげた事でしょう^^
posted by とっちゃん at 21:04| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。