2008年07月25日

再び4スト化を考える

先月今月と、とても残念な事がおきてしまっています。

週末、MCに出ている方達と話したときに先輩ライダーの視点からの話しに色々と考えさせられました。

これから書く事は、今回の事故の事についてではなく、それをきっかけとした話し、考えとして読んで頂ければと思います。

-------

ここ数年でモトクロスバイクはフルサイズなら殆んどが、ミニモトでも結構な台数が4スト化してますよね。
そんななか、私は4ストの乗りやすさは安全を与えてくれているのみとばかり考えてました。実際、扱い易いエンジンで安全を感じつつ楽しくなった人も多いでしょう。
しかしリスクの上がっている部分もあるようなのです。
そんな話を書いていきます。


うちの兄さんが2スト125から4ストにスイッチするとき、タイムが2秒上がるよと言われていました。
乗り換え当初、バイクの重さからかパッとしなくなった見た目にアレレと思ったのですが、一緒に走るライダーからは速くなったよと言われてました。事実、兄さんも速くて怖いと言ったことも。
トラクションの良い4ストマシン、見た目の大人しさとは裏腹にコーナーの脱出が速くなっているようで、それゆえストレートエンドも当然速くなるという事が理由みたいですよね。
当たり前だし、みんなわかってる事だと思います。

でも、レースタイムで考えるとラップタイムが2秒上がるとそれはもう別人です。
でも、人は同じなんですよね。
またトラクション良く加速出来る事により跳べなかったジャンプが跳べるようになったりもしますよね。
すなわち、正にバイクが技量を補ってくれるわけです。

これが一般道での通常走行ならば乗りやすさは『安全』にほぼ転化されるのでしょうが、レースシーンにおいてはスピードが上がった分、本来必要なのに足らない技量の部分がそのままリスクとなるのではと思うのです。
これはどんな技量のライダーにも言えることなのだと思います。我が家もしかり。

話を続けます。
扱いやすくハイスペックなバイクに乗れば速くなるのは当然だと言い切る方もいるでしょう。
しかし4スト化は全てのライダーに等しく生じている事です。
色んなライダーがいるんですよね。
故に4スト化で生じた速度差を受け入れられる技量のライダーもいる反面、生じた速度差が技量を凌駕してしまうケースもあるでしょう。
だから乗り換えた感想がスピードでて怖いとなったりするのでしょう。我が家の兄さんの様に。

乗りやすさ故に出来なかった事が出来てしまうことは、言い方を変えると、道具の高性能化が事物の本質を隠してしまう、と言う状況を作り出していると言えないでしょうか?
4スト以前では時間をかけた理解もしくは練習をもってして出来た事が、それなしで出来てしまうんです。


一例を上げましょう。

コーナー後のジャンプでは、時にジャンプに必要なスピードを与えるのが困難な場合があります。
このジャンプを手前のコーナーの脱出速度をあげてこなすのと、より高性能なバイクによりコーナー後の加速でこなすのとではジャンプの踏み切りに違いがでます。
前者はスピードをのせてから飛ぶので飛び出し時の姿勢変動が少ないジャンプとなりますが、後者は加速しながらの飛び出しと成りやすく、飛び出しの姿勢変動の多いジャンプとなります。
ジャンプとしては後者の方がリスキーですが、アクセルを開けたら欲しいスピードが得られたとなれば当然飛んでいくはずです。
4スト化ではこんなケースは少なく無いんじゃないかと思うんです。

整理してみましょう。

4スト化により

・スピードが底上げされている。
・こなせるセクションが増えている。

と言う事になります。
しかし技量は変わってないのです。

あえて語弊を恐れず極端な表現をするならば、2スト時代ではノービス技量だったライダーが4ストへの乗り換えで技量そのままに2スト時代のNAのスピードを得てしまっている、こんな状況が今の状況なのでしょう。
だけど速く成ったという事実はライダーにとってはこの上なく嬉しい事。そこで我を振り返ることはなかなか難しいでしょう。

週末MCの面々とこの話をしていて、折角認識したこの事を書いて伝えたかったのです。

繰り返しますが先月今月生じた事故の原因がこれだと言っている訳じゃありません。
ただ、我が家自身はもちろんの事、新しい事故は起こって欲しくないのです。自分が認識したことを伝える事により、ライダーが自らの安全を見直すにきっかけに成ってくれればと思って止みません。

なお、この文の受け取り方は人それぞれでしょう。もともと無茶なスポーツなのだから考え過ぎだよと思う方もいるでしょう。
共感して下さった方においても、『でもどうしよう』といった感想がほとんどでしょう。でもあとは各々が考えるしか無いと思います。
でもまずは考える事が大事なのでそれで良いんだと思います。
考えれば何か答えがでるかも知れませんが、考えないと答えはでるはずないですもんね。
各々とは書きましたが、仲間で話し合うことももちろん重要ですよね。
前向きな議論を是非、今週末にでも。

-------


表現が乏しい故に不適切な表現があるかも知れませんが許して下さい。
モトクロスはとても楽しいスポーツだけど、楽しさを形成する一要素が危なさであるとも言えますよね。
そこから得られる緊張感、それを乗り越えた達成感を知ってしまったら、なかなか忘れる事はできないものです。
またスポーツである以上、また、競い合う相手がいるからこそのルールもあるはずです。
しかしこのスポーツにおいてはそのルールが曖昧です。危険度を踏まえれば、厳格であるべきなのでしょうがそうはなってません。
経験の上に成り立つ一種のセオリーがそのルールかも知れませんが、経験の無いライダーにはなかなか自らをもっての理解はし難いものです。
最近強く思うのですが、経験ある先輩がもっともっと現場で声を上げてくれないかと思うんです。
経験上あり得ない事ならば、そう言ってあげないと駄目だと思うんです。
私もモトクロスに関係して10年。先輩としての立場となる場合もあるでしょう。
そんなときには今まで以上に余計なお世話を恐れずに声を上げていきたいと思います。

そして私にもお叱りの言葉を下さい。

みんなで良い意味での緊張を高めて行きましょう。

それでは終ります。
posted by とっちゃん at 08:24| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にこう云うのは、感じ悪い。
怪我・事故は4・2は関係ないでしょ。
4だから飛べて2だから飛べないなんてバイクに乗った事無いんじゃないの。途中の文もフォローのつもりかもしれないけど、不愉快だ。
Posted by この時期 at 2008年07月25日 12:48
4.2関係なくは無いと思います。
ま、人それぞれ思いは違うと思いますが。
勇気を持って問題提起をされている筆者を、不愉快だと、言ってしまっては進歩は在りません。モトクロスは危険です。でも、こんなに、素晴らしいスポーツは無いと思います。時間はどんどん過ぎてゆきます人々は、悲劇を忘れてゆきます。関係者だれもが、悲劇を忘れずに考える事が大切だと思います。
Posted by k2 at 2008年07月25日 22:22
この時期にとは…
では人の記憶が曖昧に廃れた頃にならいいのでしょうか?

4stには殆ど乗ったことがないので、4st理論は語れませんが、2stならではの乗り方っていうものがあるのは事実ですし、2stにはできない走り方をするなぁ、という感想は持っています。

ただ、バイクの性能の進歩によって、使う必要のなくなった技術があり、はたしてその技術を持たないままエキスパートの領域に踏み込むことの自覚を、持っている人は多くはないと思います。

「この時期に」さんが、最新の2stと4stバイク両方を乗り比べておっしゃっているのであれば結構ですが、そうでばいのなら全否定は失礼なのでは?
Posted by SEI.. at 2008年07月25日 23:18
×→「この時期に」さん
○→「この時期」さん

×→そうでばいのなら
○→そうでないのなら
Posted by SEI.. at 2008年07月25日 23:48
そもそも2スト4ストは別物であって4ストに乗り換えたらその時点で初心者なのです。速くなったという言葉をうのみにするから親も子供も勘違いする。親子共にもっと4スト、モトクロスの勉強が必要なのでは?モトクロスはとても危険なスポーツです。だからこそ親の技量も必要なんです。ボルトの緩んだバイクに乗せてませんか?
Posted by at 2008年07月26日 08:02
4スト化と事故の因果関係は薄いと思います。
2ストオンリーの時代から深刻な事故を沢山見てきましたから。
一応、長いことMXやってきているので考えていることは、MXコースで走る以上どこのコースでも事故は起こり得ると気をつけて走っていることです。
全開で走っているときもそのことは常に忘れません。
不運にもブラインドのジャンプで転倒者を見つけたとき、直前で急に転倒されて避けきれなかったとき、度々ありました。
そんなとき絶対ぶつかる瞬間に、どのように当たればダメージを最少減に留めることができるか、最後の瞬間までコントロールします。
頭を踏むよりは足の方にとか、真っ直ぐ突っ込むよりは斜めに突っ込むとか、咄嗟の判断で相手と自分を守るためにテクニックを駆使するのです。
しかし最大の防御は常に用心していることではないかと思っています。
Posted by #12 at 2008年07月27日 23:10
皆さんコメントありがとうございます。
Posted by あびこ at 2008年07月27日 23:34
すんません
コースの方はどうなんでしょうかね?
ライダーのスキルも大事な気がしますが、リスキーなジャンプを設定するコース側も多少問題があるかな?と思ってます。
Posted by 通りすがり at 2013年02月25日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103551700

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。