2010年04月06日

旅の途中

SA3A0679002.jpg

先日の土曜日、朝5時に起き従妹の結婚式に出席した。

常磐線、高崎線、秩父鉄道と乗り継ぎ、長瀞の少し手前で下車した。
陽射しは暖かいが、空気は冷たい。
先に見える武甲山の形がまた変わっていた。
良く見ると頂上まで螺旋が続いている。
まるでピラミッドだ。
切り出した石灰岩を運ぶ為のものなのか?
想像していると、父が『山の中を掘り、上から下に落としている』と教えてくれた。
ベルトコンベアーの長さは4キロとも。
何度か聞いた事のある発破を報せるサイレンの音を思い出す。


沢山いる従兄弟のなか私は最年長となる。
この日披露宴で両隣に座った従弟達とは20歳も離れているので、彼が着ている今どきのスーツもあり、話をしていると会社の新人との様になってしまった。

母方の田舎に来たのは、この日結婚した従妹の兄が結婚した時以来だ。
私はせいぜい5年位前の事と思っていたが、その兄と話をすると、8年も前の事だとわかり驚いた。
誰もかれもがしっかり歳を取っているわけだ。
そう、もちろん私もと言う事になる。

式が終わり、最近疲れやすくなった父の体調を整える必要もあって、母の実家に立ち寄る事となった。
その時、祖母と祖父はもういないと言う事が頭を過った。
今は家の前に叔父の経営する会社があり、回りにも家が立ち並ぶが、
私が小さい頃は目の前には畑が広がり、それは谷を作る荒川の川原まで続いていた。裏は山だった。
荒川の川原でも良く遊んだが、私は畑の用水路で良く泳いでいた。
山から直接流れる水はとても綺麗で、透明度が高かった事をよく覚えている。夜は螢が舞った。
今は建て替えられたが、その頃の家は土間もあり農家の家そのものだった。トイレは家の外にありもちろん落とし便所だ。
屋根裏では蚕が草を食んでいた。小さい私は蚕を眺めたり手にはわせたり、飽きずに屋根裏にいた。
記憶から桑の葉と蚕の匂いが蘇る。

疲れた父が寝ている間、私は叔父、叔母の集まる中にまじり雑談した。
そんななか、叔母の実家の近隣の方がなくなったと電話が入った。昨日会えて良かった、『隣り組』としてどうしたものか、と話をしている。


結婚式には乳飲み子から祖父、祖母の様な高齢の方まで、様々な年層の人が集まる。
乳飲み子、小学生、中学生、高校生。
結婚している人していない人。
子供のいる人いない人。
離婚した人再婚した人。
連れ合いがいる人亡くした人。
孫がいる人いない人。

私が歩んできた年層の人がいて、私が歩むだろう年層の人がいる。
同じになるかは判らない。
でも同じような事を考えたり悩んだりするのだろう。

幅広い先輩後輩。
親戚と言うコミュニティ。

私は成長しているのだろうか?
親戚とは人生に於けるヒントであり計りであり道しるべと言えるかも知れない。
時に言い訳かも知れない。


叔父、叔母達が『隣り組』の事で盛り上がっている。
父の目が覚めた。
駅までのタクシーを呼ぶ。
タクシーに乗り込むと最寄り駅まで行く筈が、父が熊谷までと言い出し、開口一番値段交渉を始めた。
距離を考えると明らかに安い金額。
しかし客などいない田舎のこの時間、運転手は了解した。
結果、運転手は5回程距離を調整していた。

父は常に値切る。
この母方の実家には東京からの砂利道をオート三輪で来ていたと言う。
仕事で来ていたわけだが、叔父叔母曰く目的は明らかに母親だったようだ。
昭和30年代の話だ。

この日の朝車窓から外を眺めていると、引き込み線の先で蒸気機関車が煙りを上げていた。
線路の両側には家も多く天気が良い事もあり、ほとんどの家で洗濯物が干されていた。
洗濯物が蒸気機関車の煙りにさらされるから大変だと私が言うと、父が話し始めた。
昔の列車のトイレは線路に落とすだけ。
駅で止まっているときは本当は使っちゃいけないんだけど、使っている奴もいた。
走っているときに用を足す事になるのだけど、そうすると列車のスピードもあるから飛散する。
汽車の煙り何てましで、飛散したものは洗濯物まで飛んでたよ。

私の子供の頃はまだこのタイプの列車はあり、トイレの穴から見え流れ去る錆び色の敷石を思い出した。

父は続けた。
でもみんな食べる事で精一杯だったから気にしちゃいなかった。

父の実家は国鉄の線路際にあった。
戦争で焼けた家の跡に、国鉄の操車場から拾ったのか、貨物用に使い古された今で言うコンテナをばらした板で家を立てたと聞いた。
いや、家というより小屋もしくはバラックといったほうが良いかもしれない。子供の頃、その不思議な家に私は良く通っていた。

その家はつい最近まで残っていて、町でも残した方が良いんじゃないかという話もあがったようだが、取り壊されて今はビルになってしまった。

私の親の世代は明らかに我々とは違う強さやしたたかさを持っている。
また、我々とは違う協調性ももっている。
妻の母は東京大空襲を隅田川に逃げた人だ。


そんなことを考えると、まだまだ頑張らないと駄目だなと思うのだ。
posted by とっちゃん at 00:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ウコンの力

ウコンの力、利きますね。
ここのところなんだかんだで飲みが続き、
振り返ると、この三月は週に二回以上は飲んでる様です。
そこで感じたウコンの力。
まだ三月は終わらなく、既に飲みの予定があったりするので、
ウコンは買い置きが良いんじゃないかと思ったりしています。

先日、ふと気がつくとハイエースの車検が切れていました。
あわてていつもの民間車検場に予約を取り、車検をすませたのだけど、
その際に車の中の荷物を降ろして、改めてその荷物の多さにビックリ
です。

この趣味を十数年続けてきたんだなぁとしみじみ。

人生はとにかく前に進むしかないのだけど、片付けというのも必要な
ステップなんでしょうね。
でも量が多い・・・
放っておいたりエイヤと捨ててしまえば簡単だけど、もちろんそんな
事は現実が許してくれませんからね。

ゆっくり進めようと思います。

以上、ふと思い書いてみました。
posted by とっちゃん at 01:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

板尾こうせつで締まるハードで幸せな一日

朝起きると妻はもう仕事に出かけていた。
作もいない。珍しく早い。
犬はいる。
兄さんは布団のなか。

お湯を沸かす。
その間押尾コータローを練習する。
(コータローは元気か!?)

インスタントコーヒーを入れる&啜る。
そしてトーストを焼く。
その間押尾コータローを練習する。
(コータローは元気か!?)

いつもの時間に家を出て駅に着く。
電車が来る。座れるくらい空いている。
春休みなんだと認識する。
席が複数空いているとき、女性の隣が空いているのなら私は必ず女性の
隣の席を取る。
男なら当たり前だのクラッカーというわけではなくて、私は体がでかい
ので、男の間に入ると狭くて疲れてしまうのだ。
スケベだけが理由じゃないんだ。
本当だ。ホントーなんだよ^^

FM東京を聞く。
番組の切り替わり、中西徹と望月理恵の夫婦漫才が面白い。
望月理恵の吹っ飛び具合が素晴らしい。

幾つか電車を乗り換えて客先に到着する。
お店に入ってコーヒーを啜る。幾つかの電話をする。
メモを取る。電話をする。メモを取る。
約束の時間になり腰を上げる。
次年度契約の打ち合わせはお客さん3のこちらは1。
緊張するがどうにか終わる。

その現場のメンバと昼飯を食べる。
カレーランチ。
皆と別れて打ち合わせ。
夕方自社にてこの次年度契約についての打ち合わせを行う時間をすり合わせる。
移動し自分自身の現場へ。

この日は進捗会議で次工程計画をお客さんに見てもらうことになっている。
急いで残りの準備をする。
そして会議。
幾つかの宿題をもらったが基本問題なく終了。
事務処理を少し行って自社に移動する。

客先打ち合わせからの報告を行い色々と意見をもらい提案書の素案を作成。
作成中に実家から電話が入る。
親が歳を食ったことをこの日は強く感じた。
資料を仕上げて先方にメールしたのが23時。
既に私しかいない。
戸締りをして帰路に着く。23時5分。

大江戸線、銀座線、常磐線と乗り継いで家に着いたのが24:00ジャスト。
乗り継ぎよく新記録。

妻は風呂に入っているようだ。
夕飯はカレーだ。
カレーを温める。
その間押尾コータローを練習する。
(コータローは元気か!?)

点けっぱなしのテレビは『木下部長とボク』だ。
カレーをたべる。
テーブルワインを啜る。
妻が風呂から出てくる。
喋る。
喋る。
喋る。

『木下部長とボク』のエンディングが流れる。
流れるエンドロールに”板尾こうせつ”を認める。

妻は寝に入り私は風呂に入る。

ハードな1日だったけど、今日の終わりに”板尾こうせつ”を確認し、
何となく幸せを覚えたのでした。


FIN
posted by とっちゃん at 02:12| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | おやじ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

360円

SA3A0670001.jpg

写真はお茶の水駅。
先週と同じく、本郷で仕事してお茶の水のギター屋さんに寄り道しての帰宅です。

家にはギターが今3本。
でもスタンドは1つ。

ギター2本は寝てるので妻は邪魔で怒ります。
当たり前だのクラッカーだね。

と言う事でスタンド2つ買いました。
1つ360円。2つで720円。

安い。
posted by とっちゃん at 19:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

いじる

今は23:59。
日曜が終わろうとしています。

今日は久しぶりにバイクをいじりました。
09YZ250F、実は手元に来てから一度もグリスの入れ替えをしていません。
バイクは乗らないと痛むもの。その中でもグリスに混ざった泥や水分は厄介者じゃないですか。
一先ず、怪しくなり始めた兆候を感じ始めていたフロント周りやり直しました。

まずはステアリング。
やはり洗車機なんですかね?
ステアリングのベアリングは下は大抵大丈夫で上がダメですよね。
開けてみたらその通りの状況でした。
下は軽く補充して、上は泥とグリスがコラボレートし硬化し始めていたので、きっちりお掃除してグリスを入れ直しました。

次はフロントホイルのベアリング。
これは硬化はしていなかったものの、泥とグリスが夢のコラボレートしていました。こちらもきっちりお掃除してグリスを入れなおし。

この日はフロントの次にリアのリンク周りもグリスの入れなおしをと考えていたのだけど、フロントフォークも外していたので、シールを交換することにしました。
さて、シール交換と言うと年始早々だったかな?コージくんに言われた『全日本サスサービスさんは5分で変えてくれたよ』を思い出し、その方法でやってみました。
私自身もそうですが、このシール交換作業、サービスマニュアルに書いてある通りに行うのが普通です。でもそれじゃあ5分じゃできない。
コージくんに聞いたその方法は目からうろこ&言われてみればそりゃ
そうだ的な方法。
マニュアルではサスの分解洗浄、オイル交換、シール交換等、サス全般メンテを考慮した分解手順として書いてあるんですよね。
でもシールを交換するのなら、そこまでやる必要はないという話です。
前置き長いですね。

手順は以下の通り。
外したサスを下に何か引きつつひっくり返します。
ダストシールを外しサークリップも外します。
インナーチューブ下端にあるボルトを緩めます。
シリンダーから伸びている棒(なんて名前?)からそのボルトを外します。
これでインナーとカートリッジが分離されたので、カポンとインナーを
抜いちゃいます。
そうなんですよ、この方法だとオイルは反対になったアウター側にある
のでオイルは漏れる事無くそのまんまです。
そーなんです。交換したり、どこかに取っておいてまた入れるとかが不要です。
すばらしい!
5分とまでは行かないけど、慣れれば確かに10分くらいでできそうですよね。

さて、そんな感じで小さな感動を覚えたところで日も傾き始めたので、
店じまいを行いました。でも、何となくエンジンかかるのかなぁと心配に
なり、マンションに囲まれるなか、エンジンかけちゃいました。
でもエンジンかかりません。
生ガス入れるイメージで軽くキックしたり、何となく今までの経験で効きそう
な事を色々やるもかかりません。ステップに当たるキックペダルの音がマンション
群にこだまし焦ります。こまったかからんぞ!と悩んでいたのですが、ふと
思い立ってアクセルを強めに何度か開閉し、リークジェットがピュピュッと
頑張ってくれたらもしかしてと思ってキックをしたらかかりました・・
安堵でしたよ。

久しぶりに聞いたエンジン音でした。

改めて思ったのですが、我々や我々以上の年代にとっては『いじる』という
事が、やっぱり楽しいですね。
面倒なんだけどやると楽しい。
もうやだなぁと思うんだけど、終わってみると充実感があったりする。
う〜ん、やっかいな代物ですね^^

メンテすべき対象は実は3台もあったりします。
徐々に片付けなくちゃいけません・・・
posted by とっちゃん at 00:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MotoCross | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。